宮城県仙台市で活動する、聖和学園高等学校吹奏楽部の活動紹介です。
by seiwawinds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
~沿革~
 2002年4月、開校72年目の年に、創立以来女子高であった聖和学園高等学校が共学化、同時に薬師堂・三神峯2つのキャンパスに新校舎が誕生しました。

 吹奏楽部もその際活動拠点を三神峯キャンパスへと移し、大編成へと移行して新たなスタートを切りました。その後の飛躍は目覚しく、4年目には全日本管打楽器ソロコンテスト全国優勝、5年目にはNHK教育テレビ「芸術劇場」にその活動内容を大きく取り上げられております。

 そして6年目には第14回日本管楽合奏コンテスト全国大会に初出場(翌年も連続出場)、7年目には第11回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜へ初出場、全国の並み居る強豪校と並び連盟理事長賞を受賞し、以降も6大会の出場を重ねながら、数々の特別賞を受賞して参りました。

 平成25年10月には、「日本学校合奏コンクール全国大会2013~ソロ&アンサンブルコンテスト」に初出場、見事金賞を受賞、併せて第1位の団体に贈られる「文部科学大臣賞」を受賞いたしました。この全国大会へは、3年連続で出場を果たしました。

また、本格的なジャズやポップスの演奏にも取り組み、全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ全国大会へは平成25年度より3年連続での出場、平成27年9月には全日本ブラスシンフォニーコンクールへ初出場、見事全国大会準優勝に輝きました。

海外での演奏活動にも積極的に取り組み、これまでに日本高等学校選抜吹奏楽団海外公演に参加、ベルリン、ニューヨーク、モスクワ、ウィーンなどで演奏を披露いたしました。

 年間40本を超える公演数と忙しいながらも、震災復興、また震災を風化させまいとする活動を中心に掲げ、震災後2ヶ月で南三陸町へ慰問に伺った他、同年9月に石川県金沢市で開催された金沢ストリートジャズフェスティバルへ被災地代表として参加いたしました。そして、同年11月に開催された、第13回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜で演奏したオリジナルの朗読劇、「3・11東日本大震災の記憶〜キミの分まで生きていくよ〜」が大きな反響を呼び、国内様々な所で、道徳教材や防災のメディア教材として使用された他、県内外関わらず、企業の研修会や震災の鎮魂行事での演奏を重ねて参りました。この朗読劇はインターネットや新聞、雑誌でも多く取り上げて頂き、以降三部作として上記大会で演奏を続け、全国の皆様に復旧復興のご支援への御礼と、引き続きのご支援をお願いして参りました。

他にも震災復興活動をといたしましては、平成24〜26年の3年間、子供の音楽再生基金School Music Revival Liveに参加、第1回演奏会では、主宰者である坂本龍一氏作曲の同テーマ曲「Etude」をゲストバンドとして演奏、第2回演奏会では同じく氏の作曲されたピアノ曲「Energy Flow」をピアノと吹奏楽のコンチェルト仕様で演奏、ご本人からもお褒めの言葉を頂戴しました。そして第3回演奏会では、作曲された坂本龍一氏ご自身の指揮でバルセロナオリンピック開会式で演じられた「El Mar Mediterrani〜地中海のテーマ〜」を演奏する予定でしたが、氏は病気療養の為同演奏会をご欠席され、インターネット中継でお聴きいただくことになりました。しかしながら、グラミー賞受賞作曲家である坂本龍一氏から頂いたお言葉の数々は、その後の活動の励みとなり現在に至っております。

東京ディズニーリゾートでの演奏を含め、「聖和ならではの活動を!」と独自性をもった活動をいたしております。今後も是非ご声援をお願いいたします。
震災復興演奏会のご報告
去る5月25日(日)、花巻市文化会館に於きまして、
「東日本大震災復興特別演奏会」が開催されました。

主催の花巻南高等学校の皆さんはもちろん、
大迫高等学校、花巻東高等学校、
そして被災地からお招きした大槌高等学校の皆さんと、
震災をきっかけに縁の深まった秋田県五城目市立第一中学校の皆さん、
本校吹奏楽部のOB・OGも併せ、180人での大合奏となりました。

本校1年生にとっては初めての舞台となりましたが、
ライオンキングの歌やダンスを始め、
精一杯やりきったステージに歓声も沸いていました。

c0185109_2051488.jpg


震災が風化しないよう、今後も本校吹奏楽部は、
毎年何かしらの形で震災を語り継いで行きたいと思っております。

さて、この演奏会を終えると次の舞台は夏のコンクールです。
コンクールの結果に縛られない、自由な活動がモットーではありますが、
「せっかく挑戦する舞台があるのだから」と、今年も精一杯臨みたいと思っております。
現在、課題曲・自由曲共に選曲も佳境となり、
来月半ばの申込みに併せて練習に励んでいるところです。

特に自由曲の演奏曲目については、
どの曲も演奏許諾申請中ですので、発表は今しばらくお待ちください!
[PR]
by seiwawinds | 2014-05-28 19:00 | Comments(2)
Commented by カナ at 2014-07-13 03:45 x
遅れましたが母校が大変お世話になりました。 奇遇にも知り合いのお嬢さんがOGとして参加されたようで…私の別のお知り合いの娘さんが大槌高校吹奏楽で参加してたのですが、貴校の演奏に大層感服していたらしいです。
また機会がありましたら、再び大槌高校にもお声掛け下されば幸いです。
その際はぜひともこの目この耳で拝見、拝聴させて戴きたく存じます。
素敵な出逢いと絆を有り難うございます
Commented by seiwawinds at 2014-08-20 17:36
カナ様
返信大変遅くなり失礼いたしました。
大槌高校さんの演奏は、少人数ながらパワーがあり、
堂々とした音楽作りにとても感動をいたしました。
またご一緒できる機会を楽しみにいたしております。
今後とも両校にご声援頂戴できれば幸いです。
<< 前期中間考査準備期間に入りました! 吹奏楽部OB・OGの皆様へ >>