宮城県仙台市で活動する、聖和学園高等学校吹奏楽部の活動紹介です。
by seiwawinds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
~沿革~
 2002年4月、開校72年目の年に、創立以来女子高であった聖和学園高等学校が共学化、同時に薬師堂・三神峯2つのキャンパスに新校舎が誕生しました。

 吹奏楽部もその際活動拠点を三神峯キャンパスへと移し、大編成へと移行して新たなスタートを切りました。その後の飛躍は目覚しく、4年目には全日本管打楽器ソロコンテスト全国優勝、5年目にはNHK教育テレビ「芸術劇場」にその活動内容を大きく取り上げられております。

 そして6年目には第14回日本管楽合奏コンテスト全国大会に初出場(翌年も連続出場)、7年目には第11回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜へ初出場、全国の並み居る強豪校と並び連盟理事長賞を受賞し、以降も6大会の出場を重ねながら、数々の特別賞を受賞して参りました。

 平成25年10月には、「日本学校合奏コンクール全国大会2013~ソロ&アンサンブルコンテスト」に初出場、見事金賞を受賞、併せて第1位の団体に贈られる「文部科学大臣賞」を受賞いたしました。この全国大会へは、3年連続で出場を果たしました。

また、本格的なジャズやポップスの演奏にも取り組み、全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ全国大会へは平成25年度より3年連続での出場、平成27年9月には全日本ブラスシンフォニーコンクールへ初出場、見事全国大会準優勝に輝きました。

海外での演奏活動にも積極的に取り組み、これまでに日本高等学校選抜吹奏楽団海外公演に参加、ベルリン、ニューヨーク、モスクワ、ウィーンなどで演奏を披露いたしました。

 年間40本を超える公演数と忙しいながらも、震災復興、また震災を風化させまいとする活動を中心に掲げ、震災後2ヶ月で南三陸町へ慰問に伺った他、同年9月に石川県金沢市で開催された金沢ストリートジャズフェスティバルへ被災地代表として参加いたしました。そして、同年11月に開催された、第13回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜で演奏したオリジナルの朗読劇、「3・11東日本大震災の記憶〜キミの分まで生きていくよ〜」が大きな反響を呼び、国内様々な所で、道徳教材や防災のメディア教材として使用された他、県内外関わらず、企業の研修会や震災の鎮魂行事での演奏を重ねて参りました。この朗読劇はインターネットや新聞、雑誌でも多く取り上げて頂き、以降三部作として上記大会で演奏を続け、全国の皆様に復旧復興のご支援への御礼と、引き続きのご支援をお願いして参りました。

他にも震災復興活動をといたしましては、平成24〜26年の3年間、子供の音楽再生基金School Music Revival Liveに参加、第1回演奏会では、主宰者である坂本龍一氏作曲の同テーマ曲「Etude」をゲストバンドとして演奏、第2回演奏会では同じく氏の作曲されたピアノ曲「Energy Flow」をピアノと吹奏楽のコンチェルト仕様で演奏、ご本人からもお褒めの言葉を頂戴しました。そして第3回演奏会では、作曲された坂本龍一氏ご自身の指揮でバルセロナオリンピック開会式で演じられた「El Mar Mediterrani〜地中海のテーマ〜」を演奏する予定でしたが、氏は病気療養の為同演奏会をご欠席され、インターネット中継でお聴きいただくことになりました。しかしながら、グラミー賞受賞作曲家である坂本龍一氏から頂いたお言葉の数々は、その後の活動の励みとなり現在に至っております。

東京ディズニーリゾートでの演奏を含め、「聖和ならではの活動を!」と独自性をもった活動をいたしております。今後も是非ご声援をお願いいたします。
園芸部活動本格化!
聖和学園吹奏楽部、夏の風物詩。
園芸部の活動が本格的にスタートしました。

春先に土造りを始めていたので、
今回の苗植えの際にはミミズが大量発生!
土に栄養がたっぷりある証拠です。

今年はキュウリとトマトを育てます。
間も無く迎える梅雨を乗り切り、
たくさんの実をつけて欲しいと思います。
c0185109_06552130.jpg

[PR]
by seiwawinds | 2017-06-09 06:49 | Comments(0)
<< 仙台放送まつりに参加いたします! 来年度入試に向けて! >>