東京キューバンボーイズの皆さんとの共演!

 昨日、東京エレクトロンホール宮城にて開催された「見砂和照・東京キューバンボーイズ・復興支援コンサート」に、市内4高等学校と合同で出演させて頂きました。キューバンボーイズの皆さんとは昨年以来2回目の合同演奏をさせて頂きましたが、本格的なラテンのグルーヴを体感することのできる貴重な機会となりました。

 リハーサル時にはプロ・プレイヤーの方のすぐ傍で見学させて頂き、その息使いや、本番に向けてのコンセントレーションを高める様子を間近で見ることができました。今後の演奏の糧にしたいと感じました。

c0185109_09060775.jpg
 本番は、緊張しながらもテンション高く演奏に臨むことができ、楽しいひと時を過ごすことができました。日頃からジャズやポップスに取り組み、ここ数年はラテン音楽の勉強もしていた私達なりに、とてもいい演奏が出来たかと思います。

 昨日の合同演奏では、プロの方々と一緒に吹かせて頂いて、本格的なジャズやラテンの雰囲気を体感することができました。今回の経験を、これから曲を吹く時に生かしていきたいです。(3年コンサートマスター:根元)
c0185109_09062953.jpg
 終演後は、当日もトランペット奏者として出演されていたルイス・バジェさんと記念撮影もさせて頂きました!。ルイスさんとは、昨年のステージではもちろん、全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ大会でも審査・講評を頂いたこともありますし、この3月に当部を卒業した先輩が、現在洗足学園音楽大学ジャズ科にて門下生としてご指導を頂いているなど、私たちとは何かとご縁のある先生です。いつかまたご一緒させて頂ける機会を楽しみにいたしております。
c0185109_09063347.jpg
トランペットパートのメンバーとルイス・バジェさん(楽屋にて)

 今回の本番を終えると、次のステージは宮城県吹奏楽コンクール予選・仙台宮城野・太白・若林地区大会となります。3年生は進学・就職のガイダンスが本格的になりますし、1・2年生も体育祭や各種行事など、学級活動が盛んになる季節です。勉強、学級活動、そして部活と、頑張って両立して充実した夏を過ごしたいと思っております。今年のコンクール課題曲・自由曲、そして秋から来春にかけて臨む各種大会の演奏曲目もほぼ決まりました。聖和学園らしい、コンセプトのしっかりした“練りに練った”プログラムをお楽しみ頂けたら幸いです。



[PR]
by seiwawinds | 2018-05-24 09:34 | Comments(0)

宮城県仙台市で活動する、聖和学園高等学校吹奏楽部の活動紹介です。


by seiwawinds
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31