国立音楽大学学長:武田忠善先生 来校!

 本日、演奏会のために仙台にいらしていた、国立音楽大学学長でクラリネット奏者でもあられる武田忠善先生が、お忙しい中本校にお立ち寄り頂き、クラリネットパートをご指導下さいました。国立音楽大学は当方音楽監督の母校でもあり、武田先生とは在学中の懐かしい話でも盛り上がりました。

 世界的なクラリネット奏者でもあられる先生、そして生徒も憧れる音楽大学の学長先生によるレッスンということで、進路総合コース吹奏楽系在籍の生徒はもちろん、他クラス在籍の吹奏楽部員も本日の来校をとても楽しみにしており、1時間半の時間があっと言う間に感じる程、充実したレッスンの時間を過ごすことができました。
c0185109_23220135.jpeg
三神峯キャンパス4号館第2音楽室にて
c0185109_23222036.jpeg
c0185109_23294446.jpeg

先生がお使いの楽器は日本初上陸モデルだそうです!

 先週東京キューバンボーイズの皆さんとの共演を終え、ようやく本格的にコンクールへ向けての練習が始まりました。今週は、仙台フィルハーモニー管弦楽団主席トロンボーン奏者であられる菊池公佑先生や、4月から授業やレッスンでお世話になっているサックス奏者の古溝徹先生のレッスンもあり、日頃の練習方法の見直しや、コンクール曲の課題をたくさんご指摘頂く機会を得ました。

 金賞受賞・上位大会出場はもちろん目標の1つではありますが、まずは、固い団結の下、究極に磨き上げた聖和サウンドを響かせること、自由曲の世界観を音楽的に演じきることを目指して、向こう1ヶ月半の練習に臨みたいと思っております。今年度取り組む自由曲に関しては、現在、編曲許諾・演奏許諾の申請中ですので、許可証が届き次第公表させて頂きます!
c0185109_23233151.jpeg
武田先生、株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパン小松様、サンリツ楽器の皆様ありがとうございました!

[PR]
by seiwawinds | 2018-06-01 23:26 | Comments(0)

宮城県仙台市で活動する、聖和学園高等学校吹奏楽部の活動紹介です。


by seiwawinds
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31